防災無線放送は洗脳=極悪強要放送

民主日本の存続には 【公務員の人権6分限法】が必要!以下は2009年からSNSと官公所への送付記録(順不同)         

*おい!どうしてくれる佐倉市!

 

防災無線がうるさいという少数の反対で多くの犠牲が出た場合どうするのか、再度考えてほしい(令和元年10月18日回答)】

 

上記は佐倉市の公式サイトの’見出し’ですが、(

http://www.city.sakura.lg.jp/0000025826.html )この論理的に成立し得ない低能ヤクザ的意見を’見出し’に使用しなければならないほど卑劣無能な佐倉市の税金ドロボウ下僕公務員を裁きます。

 

現在平常時に、主権者住民の基本的人権を侵害して強制的に聞かせている<他人操作音>防災無線の毎日の放送は「うるさいという少数の反対で」防災無線使用を、真に緊急性の高い避難勧告や避難指示などに限らず、平常時にも防災無線を使用して、平常時に「多くの犠牲が出た場合どうするのか、」との詐術犯罪的意見に理解を示している佐倉市税金ドロボウ下僕公務員の人権を、主権者住民の人権の60%に制限する[公務員の人権6分限法]の制定が必要なので;

 

*世界人民50億人の賛同者キャンペーン*

https://www.change.org/PublicServant)を始めました。皆様のご協力を期待しています。

*日本の公務員は<他人操作音>で危機誘導*

*日本の公務員は<他人操作音>で危機誘導*

 

日本の[世界報道自由度ランキング]2021年は71位であるが、東京新聞マスゴミは、平常時に毎日、何度も人民の思想良心の自由を侵害している地方行政=防災行政無線放送推進に関する投書を[発言]欄で掲載(2015年12月1日「防災無線使い地域を安全に」投書者は非常勤職員62歳)しており;

 

その要趣は、熊谷市で6人が殺害された事件後、「市から不審者や事件の情報が防災無線で流れるようになった。」「事が起きる前に最悪を想定した対応が何より重要だ。」と記されているが;

 

このバカとマスゴミと税金ドロボウ下僕公務員は、20万市民への「事が起きる前に最悪を想定した対応」のため、「防災無線」放送をしている「不審者」や「事件」について、どの様な「事」が「起きる前」に、どの様な「最悪」を「想定し」て、どの様な「対応」を想定しているのか?

 

人間社会では全く同じ経緯で起きる事故や犯罪は在り得ないので、防災放送を強制的に聞かされて「事が起きる前に最悪を想定した対応」など個別具体的に不可能であり;

 

多数殺害や津波以外の犯罪や事件は、人間社会で平常時に毎日に起きる事であり、市民は被災を避けるため、防災放送で他人の被害や事件を通知されなくても、生誕以来、一生懸命、社会で各人の時間的、場所的、精神的な都合により生活しているのであるが;

 

税金ドロボウ下僕公務員は、強制的な<他人操作音>の防災放送で主権者人民の時間や精神を侵害して、故意に主権者人民の生命、財産を危険に誘導しているのである。

 

だから、税金ドロボウ下僕公務員の人権を人民の人権の60%に制限する[公務員の人権6分限法]の制定が必要なのである。

「公務員叩き」は必然的<良事>!

「公務員叩き」は必然的<良事>!

 

新聞の読者はこのブログの何万倍も多いので、新聞社と筆者の責任も大きいが、主権在民思想が無く本質的に体制迎合思想のマスゴミ東京新聞は、5月17日[本音のコラム・公務員叩き]で筆者の亡母(平和運動家)の思想から「公務員叩き」は「悪事」であるし;

「身分が保障される公務員の給料が下がったら、保障されない人の給料はもっと下がる」と言われたが、「コロナ対策を通して、公務員を減らしすぎたとの声も上がる。公務員叩きは、結局私たち自身の首を絞めたのではないか。」と書いているが;

 

憲法に明記されている主権在民国日本の公僕の存在意義は、人民に奉仕する事である。

 

従って理性的な全人民の公務員に対する見解は常に正当であり、’良事’であるので、達成されなければならないし;

数百年に一度の世界人類存続危機のコロナ疫病に対応する公務員数が、日本だけ足りないのは、平常時に公務員数を減らし、給料を下げて「自身の首を絞めた」とは理性的な主権者人民の見解ではない。

減少公務部門間の移動で対応できる事である。

 

人民は何十年も前から公務員の給与は不当に高給だ、と言っているのであり、民主主義社会達成のためには人民の見解に従って公務員の給与は減額改正しなければならないし、「身分が保障される公務員」と「保障されない人」と言って、差別を正当化する身分保障差別とは非人間的、非合理的な不公正である。

 

公務員の給与はドロナワ議員等が決定すべきでは無く、税金ドロボウ下僕公務員の給与は<人民の平均給≧公務員給≧生活保護給>とし、公務員間の階級と給与は3段階以内に制限しなければならない。

 

さらに、税金ドロボウ下僕公務員の人権を主権者人民の人権の60%に限定する「公務員の人権6分限法」を制定するまで、税金ドロボウ下僕公務員を直接攻撃「公務員叩き」をする以外には人類存続の手段は無いと考えるべきである。

「デジタル庁」は非人間的<憲法違反>

「デジタル庁」は非人間的<憲法違反>

 

「デジタル庁」が9月に発足するが、日本の<特別権利階級>税金ドロボウ下僕公務員は世界先進国の中でも最悪の行政で、主権者人民の人権を日常的に侵害しているので、税金ドロボウ下僕公務員の人権を主権者人民の人権の60%に限定法制化してからでなければ、全ての行政改革は人民の精神抑圧・支配の増加となるのであるが;

 

さらに「デジタル庁」では、何10万年も自然人個人の生存に直接適応して来た認知機能を大きく逸脱するデジタルデータで行政を行うが、これは非人間的な行政であり、日本国憲法に違反する。

 

宇宙創造電子の+-の使用にて人間の社会生活全てが、デジタル記録操作される社会は人間認知存在社会では無く、しかもデジタル社会では特殊相対性理論により電子の行動が人間社会の行動と合致しないので、デジタル記録、デジタルコード等々の安定性は未知である。

 

だから、真の民主主義社会においては、主権者人民は、特権階級=税金ドロボウ下僕公務員に対して、常にデジタル記録化されない不特定人民として闘える態勢で居なければならないので、デジタルハッカーによる早急な是正行為が期待される。

*人間認知社会と日本国憲法を護るために。

*奴隷根性日本人よ、下僕公務員を撃て!

*奴隷根性日本人よ、下僕公務員を撃て!

 

SNS上著名な国際政治学者のブログ

https://blog.goo.ne.jp/kuranishimasako/e/285b5e76a6ba39d667d8df5c472a0891 

テクノロジーの強制力問題ー 2021年04月16日 12時23分50秒:に関し意見を書きます。

 

学者は「もちろん、強制力は、国家を護ったり、公益を実現したり、あるいは、人々の権利や自由を擁護するために必要不可欠です。今日の民主主義国家は、強制力が人々のために使われるよう、その行使条件という意味において統治の目的を明確化すると共に、公的機関の権限の範囲を定めて、法を以って強制力を制御してきたとも言えます。人類における民主的統治制度の発展史は、強制力を‘共通善’に資する範囲に押し込めてきたプロセスとしても理解することもできましょう(この点、独裁体制には、強制力の暴走を止めるための制御システムが欠如している…)。」;

「テクノロジーは、その使い方次第では、公権力と同様に人々から自由意思を奪い、ある一定の方向に向かうように人々を強要しかねないのです。」

と述べていますが;

 

この論の詐術点は、「国家」や「公益」や「人々の権利や自由」の根本的な定義が主権者人民により定められていないにもかかわらず、歴史的恣意的に税金ドロボウ下僕公務員が、抽象的に定めた概念である事の認識が欠如しているにもかかわらず;

 

「人類における民主的統治制度の発展史は、強制力を‘共通善’に資する範囲に押し込めてきたプロセスとしても理解することもできましょう」と言うが;

 

そもそも、歴史的にも現在も、主権者人民に対する<特別権利階級>である税金ドロボウ下僕公務員が行使する強制力が、主権者人民の‘共通善’に相当するわけが無いので;

 

先ずは、税金ドロボウ下僕公務員の人権を主権者人民の人権の60%に限定してからでなければ、真の民主主義社会は成立しないのです。

 

さらに、現代テクノロジーは全て<特別権利階級>税金ドロボウ下僕公務員によって開発展開されて来たので、

税金ドロボウ下僕公務員の人権を主権者人民の人権の60%に限定しないならば;

 

主権者人民は、現代テクノロジーの自由展開行使により、自己の欲望に忠実に<特別権利階級>税金ドロボウ下僕公務員を攻撃し、自由人民革命の勝利を得なければならないのです。

*奴隷根性日本人よ、税金ドロボウ下僕公務員を撃て!

「こども庁」案は【赤子庁】案

SNS上著名な国際政治学者のブログhttps://blog.goo.ne.jp/kuranishimasako/e/ba3aab599b5b6a73de0553bf83a166e5「こども庁」から見える日本国の危機ー2021年04月14日 12時11分49秒:に関し意見を書きます。

 

学者は「菅政権が唐突に打ち出した「こども庁」案。」は「子供たちが、それぞれの個性や才能を生かし、おおらかに伸び伸びと育ってゆく環境を整えるというよりも、その真の目的は、この世に生まれ出でると同時に全ての子供たちを国家の管理機構の中に組み込んでしまうシステム造りなのかも」「行き着く先は人間の画一化と生涯にわたる徹底管理なのでしょう。」と正当な意見を述べています。

 

現在、全国90%以上の市区町村で、税金ドロボウ下僕公務員は毎日、365日、600メール間隔で林立設置した全世界でも例の無い防災行政無線放送で、主権者人民の時間や行動を統制管理支配する<他人操作音>を放送強要し、主権者人民の精神の自由を侵害しており;

 

日本人民史上僅か149年間の税金ドロボウ下僕公務員による学校教育制度で歪んだ親世代は、原爆や原発爆発を招来し、神教頭領「君が代」の赤子にされ「神風自爆」を強要されたので、新世代はこの社会政治を可能な限り破壊し;

 

個人の欲望に従って生存することが、人間生物の本質である欲望のために生き欲望のために死ぬ自然の摂理、利己的な遺伝子に基ずく人類存続の条件であり、全世界各国の人民革命継続の必然性でもあります。

だから*税金ドロボウ下僕公務員を撃て!

 

このため税金ドロボウ下僕公務員の人権を主権者人民の人権の60%に限定しなければならないので;

*世界人民50億人の賛同者キャンペーン*

https://www.change.org/PublicServant)を始めました。皆様のご協力を期待しています。

2Hの謎?????

【良質なブログ・『日本のいちばん長い日』-- 名作と言われるこの映画も、改めて見直してみたら愚かな茶番劇でしかなかった。・https://vergil.hateblo.jp/entry/2021/04/08/074516】へのコメント。

 

2Hの謎?????

 

Hitler総統=家族と自殺。戦犯多数死刑。

 

Hirohito天皇=皇族全員無罪。優雅な生活と子孫繁栄。死刑戦犯極少。戦犯の子と孫が長期首相で優雅な生活を継続。

 

天皇の赤子から暴虐を受けた中国人民、韓国人民、北朝鮮人民は健忘症なのか?????